車単体の情報誌

車単体の情報誌

情報誌と言えば、自分が乗っている車単体の情報誌も出ています。その情報誌も値段的には2000円程度ですが、情報が満載でした。スープラの情報誌では、交換パーツのメーカーや値段、レポートなどが掲載されており、整備する時の注意点も掲載されているほど専門的でした。

スープラが車検を受けることになり、距離的に整備をしなければいけない部分が多数あったので、自宅の庭でできるところは整備完了にしようと、毎晩のように修理をしました。

車検時には、そのまま検査ラインに通せるほどまで自宅で整備をしていたので、実際に整備作業でリフトに乗っていた時間はほんの10分ほどで終了。

車検に合格できる範囲である程度のライトチューンはできるので、かなり楽しんでいました。ターボチャージャーを交換し、最高パワーが350PSほどに上がりましたが、そこまでやると、今度はエンジン内部も改造しなければいけなくなりました。

ターボ圧が上がるという事は、ピストンも強化しておかなければ燃焼中に溶けてしまい、エンジンが壊れてしまう可能性や、燃料の噴射量が変わり、アイドル不調やその他の不具合も出るのです。

アイドル不調は承知していましたが、過給圧の変化に伴い、高回転域での燃料不足を補うのに、追加インジェクターと呼ばれる燃料噴射ノズルを追加しました。

そして、ブースト圧をコントロールするため、VVCと呼ばれる制御装置を導入。ここまで来るとほとんどレースカーと同じ扱いになります。

もう、ノーマル車ではなく、完全に改造車です。しかし、これも専門の雑誌が販売されていたので出来たことで、そのような雑誌が無ければやろうともしませんでした。

最近ではスポーツカーに乗る若い人が少なくなっているので、このような車が入庫することはあまりありませんが、たまにそのような車が入庫すると、じっと見つめてしまいます。

?