Vロッドブッシュ

Vロッドブッシュ

大型トラックの後部フレーム内にあるロッドでVロッドがあります。V型の形をしていて、デファレンシャルとフレームをつないでいるものがあります。この部品とフレームの連結部分にはゴム製のブッシュが使用されていて、ブッシュが損傷するとカーブを曲がる際に車体がねじれ、異音が生じます。

オイル交換に来た時に、シャシー各部にグリスアップをする時がありますが、その時にVロッドのブッシュが損傷していることに気が付き、交換作業になりました。

交換する時には特殊工具が必要になり、特殊工具を利用してプレスで圧入します。その時にスナップリングと呼ばれるロックがあり、それを外してからブッシュの交換になります。工具も各メーカーでサイズが異なり、適合している部品を使わないとうまく抜けない構造になっています。

交換作業で注意することは、プレスを使用する場合、センターを押さないと思わぬ事故につながります。

プレスを使用して作業するということは、そこにかかる荷重が大きいという事になります。もし、センターがずれていると部品を弾く原因になります。センターをきちんと出してからプレスで押し込むのです。

ブッシュが抜けたら、今度はスナップリングが入る溝の錆びを取ります。専用工具があり、溝にそってさびを落としていき、ブッシュのゴム片をきれいに取り除き新しいブッシュを入れます。

プレスで押さえつけ、スナップリングの入る溝にしっかりとリングをはめ込んだら終了。その作業はほんとに神経を使います。もしスナップリングのはまり方がしっかりしていないと、走行中に外れる可能性があるので、慎重に行わなければなりません。

外れてしまうとフレーム内で暴れて、他の部品を痛めてしまうのです。気を付けて作業することが大事です。

?